ニキビが出来やすい場所はどこ?

おでこや鼻などあらゆる身体の場所にできるニキビですが、年齢問わず現れます。
顔だけではなく背中や腕など毛穴がある場所にはできるので、現れ方は個人差があります。
出来やすい場所は様々ですが、主な原因は毛穴の詰まりです。
何らかの原因で毛穴が詰まって中に皮脂が参加する事で、ニキビの元になるアクネ菌が増殖し炎症を起こします。
部位別に多少の違いはありますが、上記の様な事を回避する事で予防する事ができます。

おでこの場合ですが、皮脂の分泌が多くて特にニキビが出来やすい場所です。
皮脂以外に大人の場合は乾燥が原因と言われており、乾燥で角質が厚くなり毛穴をふさぐことで、皮脂や汚れが詰まることがあります。
スタイリング剤や洗顔料のすすぎ残しが肌への刺激になって発生する事もあります。

これは鼻にも言える事で、できやすい原因はおでこと同じです。
頬ですが皮脂や乾燥も原因ですが、内臓の疲れやストレスといった様に日常生活の乱れも要因となります。

また、顔は外気に当たることが多く、皮脂の分泌が多い場所なので、身体の中ではニキビができやすい場所と言われています。
大人になると顎などのフェイスラインに多くなるのですが、洗顔のすすぎ残しやホルモンバランスの乱れ以外に不摂生も原因です。
様々なものが重なり合って発生するのですが、大人は特にストレスや生活習慣の乱れが起こりやすいので注意が必要です。
この様に皮脂分泌が多い場所に現れやすい特徴がありますが、見逃してはいけない事が皮膚の汚れも原因であるという事です。

背中や胸、そして腕にニキビ跡が知らない内にできていたという方も多いでしょう。
汗には皮脂以外にたんぱく質など雑菌が好む栄養素が含まれています。

二の腕や胸は衣服に包まれるので蒸れてしまい、雑菌の繁殖に適した環境になっています。
また背中は見えない場所なので不十分な洗身や、石鹸などのすすぎ残しが多い場所です。

また保湿ケアをし難い場所なので、ブツブツしたニキビ跡も多くなります。
特に出来やすい場所は皮脂の分泌が多い顔ですが、身体全体もこの様に発生が多いのです。

思春期にニキビは何故出来やすい?

中学生や高校生の年代を思春期といいますが、ニキビはこの時期に出来やすいと言われています。
思春期の悩みアンケートでも上位にくるニキビ、そしてその跡ですがなぜそんなに出来やすいのでしょうか。
大人と同じく皮脂が主な原因になるのですが、思春期は活発なホルモンの働きで過剰に皮脂が分泌しやすくなるからです。

こめかみや額から鼻にかけてのTゾーンに多く、この場所は毛穴の部分に皮脂がたまり、アクネ菌が大繁殖して炎症を起こしニキビができやすいという特徴があります。
10代は肌のターンオーバーも活発なので軽度でしたら跡は残らないのですが、出来ているのが嫌で潰してしまう人もいます。
それによりクレーターとして残りやすくなり、これは大人になった後も改善しにくいです。

クレーターの消し方は美容クリニックに通う等がありますが、思春期の年代にはハードルが高いです。
皮膚科ではミノサイクリンという抗生物質が処方されます。
アクネ菌の繁殖による炎症なので、菌を殺すミノサイクリンが効果的と言えます。
しかし、お薬は成長期にはあまり好ましくなく、やはり清潔にする事や潰さず正しい知識を備える事が大切です。

思春期にニキビが出来やすいのは第二次性徴に伴ってホルモンバランスが変化するからなのですが、この時期には男性ホルモンの分泌量が急激に増え、皮脂腺を刺激して皮脂の分泌を促します。
だから男性に非常に多く、特にスポーツをしている人は一般の人よりも注意が必要です。

できやすいタイミングは春から夏であり、紫外線が強くなると肌を守る角質が厚くなり毛穴つまりが起きやすくなります。
ニキビは出来ても嫌ですし跡が残るのも怖いです。
ニキビ跡の消し方は美容クリニック等を活用する方法もありますが、何より清潔保持と健康的な生活、そして食事により肌のターンオーバーを促す事が大切です。