ニキビは顔以外の場所にも発生します

ニキビは皮脂の分泌が多い場所に発生する特徴があります。
皮脂が毛穴に詰まって酸化して、原因菌であるアクネ菌が大増殖する事で炎症を起こすのがメカニズムです。
その他紫外線から肌を守る為に角質が厚くなるので、毛穴に汚れが詰まったまま毛穴が閉じてしまう事も原因です。
こうした事から、肌を露出している事及び皮脂が多く分泌する顔に出来やすいです。
顔は日常的に鏡などで見るので、できたら気付くので多いと感じる部位なのですが、実は顔に限って発生するものではありません。

ニキビは前述の様なメカニズムなので、毛穴がある所は全て起こる可能性があります。
腕や胸、そして背中は服で肌を隠しているので紫外線に触れる機会が少ないです。
また皮脂の分泌も顔より少ない場所なのですが、汚れやすい特徴があります。

特に外気に触れていないので汚れないと思われていますが、肌には常在菌というものが存在しています。
常在菌のエサは汗に含まれるたんぱく質などであり、衣服に包まれているという事は蒸れやすい環境であると言えます。
こうした事から菌が増殖し、毛穴に汚れや菌が詰まりやすくなります。

肌は非常にデリケートなので、衣服の摩擦によってもダメージを受けます。
こうした事から腕や胸、そして背中にもニキビが発生します。
皮脂と汚れ、そしてアクネ菌が原因ですが普段使うシャンプーやボディソープも毛穴詰まりの原因になります。

以外に知られていないのですが、背中は皮脂の分泌も多い場所です。
シャンプーやリンスなどに含まれる界面活性剤や添加物なども肌にとっては異物であり、毛穴詰まりが起きるのが多い場所と言えます。
何故なら目で見えにくい場所なので、洗いにくく洗い残しやすすぎ残しを確認しにくいからです。

この様に顔以外にもニキビは身体のあらゆる場所に発生します。
まずは予防する事が大切ですが、その仕方は場所によって異なります。基本は清潔保持である事は変わりません。

背中に発生したニキビの洗い方とは?

身体に発生するニキビの中で重症化しやすいのは背中です。
肩甲骨付近に皮脂腺が集中している事や目に見えない場所なのですすぎ残しが確認できず、ケアが不十分などの理由で進行しやすくなります。
ではもし発生した場合はどうすれば良いのでしょうか。

ニキビの原因菌はアクネ菌ですが、背中は違ってマラセチア菌です。
そもそもの原因はホルモンバランスの乱れであり、ストレスや生活習慣の乱れにより男性ホルモンが過剰分泌されます。
男性ホルモンは角質層の柔軟性を奪い、角栓発生を促す作用があり、そこにマラセチア菌が繁殖する事でできます。
日常生活でできるケアは生活習慣を整えて肌のターンオーバーを促す栄養素を摂る事です。

では発生した背中ニキビはどう洗えばよいのでしょうか。
もしもニキビを潰してしまうとクレーターができやすくなり、跡が残ってしまいます。

正しい洗い方は3つあり、1つは刺激を与えない事です。
身体を洗うとなるとどうしてもゴシゴシと力を入れてしまうのですが、泡を乗せる様に塗る事が大切です。
石鹸やボディソープの泡はきめ細かいので、ゴシゴシとしなくてもつけて洗い流すだけで汚れを吸着して十分汚れを落とす事ができます。
刺激を与えない事なので、熱いお湯も避けてぬるま湯が良いと言われています。

もう1つがしっかり泡の成分を落とす事です。
すすぎ残ししやすい場所なので、それを理解した上で洗い流す様にします。

洗い方とは別に、最後の1つは潤いを保つ製品を活用する事です。
洗浄力があるボディソープは必要な皮脂まで落としてしまいます。
そうなると乾燥して毛穴つまりの要因になるので、無添加の石鹸やボディソープといった製品選びも非常に重要になります。

この様に、発生させない予防と、発生した場合のケアを守る事で悪化を防ぐことができます。