ニキビを減らす正しい洗顔の方法について

ニキビを減らすためには、正しい洗顔が必要です。
正しい洗顔を行うことでニキビだけでなく、さまざまな肌トラブルを遠ざけることができます。

洗い過ぎはよくありませんので、洗顔料を使っての洗顔は、1日に2回までです。
洗い過ぎると必要な皮脂や角質まで奪ってしまうことになり、トラブルの原因となります。
朝と晩の2回で十分ですので注意が必要です。

正しく洗顔を行うためには洗顔前に手を洗います。
手に雑菌がついたまま顔を洗ってしまうと、顔に雑菌を擦り付けている状態になってしまうからです。
ニキビを治すには清潔にすることが重要ですので、まずは手を清潔にしましょう。

手が綺麗になったら、ぬるま湯を使って顔を洗います。
いきなり洗顔料を使うのではなく、ぬるま湯で毛穴を開かせて汚れが落ちやすい状態を作りましょう。
ぬるま湯のみで落ちる汚れもあります。
ぬるま湯による予洗いを行うことで洗顔料でなければ落ちない汚れのみを後から落とすことができ、肌への刺激を小さくできます。

洗顔料はしっかり泡立てて使うと効果的です。
自分で上手く泡立てられないという方は、泡立てネットを利用しましょう。
泡立てネットを使用することで簡単に泡を作ることができます。

しっかりした泡を作ることで、肌を刺激せずに汚れのみを落とすことが可能です。
作った泡で汚れを落とすので、なるべく手が肌に直接触れないように洗います。
洗うときには汚れが酷い部分から始めて、目元や口元など皮脂の少ない部分は最後に洗います。

すすぎもぬるま湯で行います。
しっかりすすぐことは必要ですが、シャワーで洗い流すのは刺激が強いため良くありません。
ぬるま湯を使って肌に刺激を与えないように優しく落とします。
また、すすぎ残しはニキビの原因になりますので、すすぎ残しのないようにしっかり洗い流します。

洗い終わったら清潔なタオルで肌を拭いていきます。
せっかくニキビを治す洗顔方法を行っても、不潔なタオルや硬いタオルで拭いてしまうと肌によくありません。
清潔で柔らかなタオルを使って、余分な水分を優しく拭き取りましょう。

洗顔剤タイプのニキビ治療薬の紹介

ニキビを治す洗顔方法を効果的にするには、洗顔剤タイプのニキビ治療薬を使用すると効果的です。
洗顔剤タイプのニキビ治療薬としては、ブレボキシル洗顔があります。
有効成分として過酸化ベンゾイルが含まれているので、ニキビの原因であるアクネ菌そのものを撃退することが可能です。
アクネ菌が繁殖しやすい環境をいきなり変えることは難しいので、菌そのものにアプローチできるブレボキシル洗顔を使用することで効果的なニキビ対策ができます。

ニキビを減らすには皮脂のコントロールも重要です。
ブレボキシル洗顔には、ニキビの原因となる皮脂の分泌を抑える働きも期待できます。
皮脂が多い状態や皮脂が毛穴に詰まっている状態を放置するとアクネ菌は繁殖しやすくなり、ニキビを減らしにくいです。
ブレボキシル洗顔を使えば、洗顔時から皮脂のコントロールを始めることができるので効果が期待できます。

ニキビを治すためには角質のコントロールも大切です。
古い角質が溜まってしまうと肌が硬くなり、ターンオーバーがスムーズに行われなくなります。
そのままではニキビが出来やすい状態になってしまいますが、ブレボキシル洗顔にはピーリング作用がありますので、古い角質の排出を早め、角質のコントロールに役立ちます。

肌はデリケートですから、ニキビが出来たからといって洗顔料を使う回数を増やすわけにはいきません。
1日に2回までしか洗顔料を使って洗えないなら、使用する洗顔料を工夫するほうが効果的です。
しかし、早くニキビを治したいからといって泡パックするなど間違った使い方をするのはよくありません。
ニキビを早く改善したいなら、洗顔剤タイプのニキビ治療薬を使用するときにも正しい洗顔方法で行うようにしましょう。